借金で救われることもあるけど基本的には危険なものという当たり前のこと

何をするにも「お金」は必要であり、どんなきれいごとを言おうと
お金がなければ、何もできない世の中でもあります。

特に「一人暮らし」の人間というのは、お金が用意できない結果として
最悪の場合には、<家に住めない>という事態を招きます。

もちろん<ご飯が食べれない>という、ひもじい状況や
<病院にも行けない>という、命に関わることも現実のものとなります。

「まあ、そうだよね・・・」という人が多いことと思われますが
「本当にお金に困る」という、緊急事態にぶち当たった際には
<命さえもお金に左右される>という、当たり前のことに気づくのです。

そして<生きるために絶対に必要なお金というもの>を
もし、持ってなかったら?という場合には・・・

独りで生きる人間が、避けては通れない「お金の不安」の話は
最もヘビーで身近な「借金」に関するトピックから始めましょう。

どうしようもない時の最後の手段になることは確か

とは言っても、

借金に人生を救われており、ある意味で感謝している人もいます。

ここで言う<借金>とは、いわゆる「サラ金から借りた金」であり
「消費者金融」や「銀行ローン」等、様々な俗称はありますが、結局は同じものです。

要は、「お金を貸すことを事業にしている会社」から借りる行為です。

そして、もし<必要なお金が用意できない>という事態に陥った際には
このサラ金で借りる、という判断は最後に残すべきと言えます。

「利子を取らない人に借りる」という判断が、間違いなくベストです。

頭を下げて、恥を忍んで、バカにされても、
「返す気」があるのであれば、身近な人に借りましょう。

「個人間の貸し借り」に関しては、賛否両論があり
主に「人間関係」といったものが関わりますが
「サラ金で借りて地獄を見る」よりは、はるかにマシであると言えます。

「いや、仁義的にいかん!」という方もいるかもしれませんが
仁義は最後に残せるか否かが重要であり、「貸すも仁義」と考えましょう。

「遊ぶ金」は、借りる方も貸す方も愚かです。

しかしながら「生きるための金」は、借りるべき・貸すべきです。

「カッコは付けない方がいいよ」ということは、最初に述べたいと思います。

「サラ金」という存在は可能な限りとっておくべき

そもそも、サラ金を中心とした<いわゆる借金>をしてしまう理由は
あらゆる意味で<利子なしで借りるという行動がとれない>からこそです。

利子があろうと・なかろうと、お金を借りる・借金することは同じですが
<機会に機会的に借りる>というのは、一線を越えた状況と言えます。

その前段階の手段として「給料の前借り」や
「親に泣きつく」といった、より軽い選択肢もあるはずです。

絶対に、気軽にするべきでは行動です。