赤ちゃんも虫歯になるから歯が生えてきたら注意が必要

今現在虫歯に悩んでいるママは、
もしかしたら赤ちゃんの頃の習慣が影響しているかもしれせん、、、

非常に当たり前のことではありますが、幼い頃の歯磨き習慣はとても大切なのです。

「早い子」は生後6ヶ月で生えてくる乳歯は

「下の前歯が2本生えてきたら歯磨きを始めましょう」

と推奨されていることが多いですが

「1本」でも生えたら始めましょう。

1本でも生え始めた時から、虫歯になるリスクは発生します。

母乳以外の食事を取り始めた時、離乳食や赤ちゃん用ジュース等を
口にし始めることで、格段に虫歯のリスクは上がっていきます。

乳児の虫歯は「特に進行が早い」ため、その分注意しなければなりません。

1本目をのケアが大きな鍵になる

虫歯になると痛みを伴うため、余計に歯磨きを嫌がるという
「負の連鎖」が始まってしまう恐れもあります。

また、乳歯が生えてきた際に一番注意して欲しいことは
哺乳瓶をおしゃぶりの代わりに与える、哺乳瓶を咥え続けることを止めさせましょう。

今までは歯がなかったために問題なかったことですが
哺乳瓶を咥え続けているということは、
常に口の中を砂糖で満たしているのと同じことでもあります。

また、これをキッカケに少しずつおしゃぶりを止めさたり
歯並びのことを考えるきっかけにもしましょう
「虫歯はキスで移る」と言われることもありますが半分は本当です。

赤ちゃんの虫歯の原因の1つに、ママやパパとのスキンシップ
またスプーンの共有などがあるという説も確かにあります。

そんなに簡単に虫歯菌は移るものではありませんが

虫歯があるママ・パパが

「硬い食べ物を少し噛んでから与える」

などは少し危険です。

歯が綺麗な・虫歯の無いママであればチューくらいでは移らないので
そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

赤ちゃんは何をするのも楽しく感じるものです。

「めんどくさい」という感情やイヤイヤ期が始まる前に
楽しんで歯磨きをすることを覚えさせましょう。

ご飯を食べたら歯を磨く

寝る前に歯を磨く

歯磨きの習慣を教えることは、
当たり前のことを当たり前に、できる子にしてあげるきっかけでもあります。