妊活の実践中は葉酸だけでなくピニトールも摂取すべき

妊娠中に血糖値が上昇する「妊娠糖尿病」に関しては
ある程度は、内容が知られている症状ではありますが
高血糖が、不妊症の原因にもなることはあまり知られていません。

「インスリン」は血糖値のコントロールが主な役割ですが
排卵にも関わるホルモンであり、インスリンの分泌異常・機能異常は
「排卵障害」につながると考えられています。

排卵障害は、月経不順につながり
妊活・不妊治療の、最も大きな障害になります。

高血糖を改善することで妊娠につながることも

実際に高血糖の状態で不妊治療を受けていた方で
高血糖の治療を受けると共に、妊娠することができた女性もいます。

高血糖の改善策としては、

  • 食事療法
  • 運動量療法

以上をベースに、症状が重い場合は
「インスリン」の投与が必要になります。

インスリン療法が必要なレベルの高血糖の場合
妊娠することは困難であり、その状態では危険を伴います。

何よりも「健康」であることが不妊治療を受ける上で
最も重要な要素であり、高血糖の状態は解決しておきたいものです。

高血糖・糖尿病の改善に「漢方」や「サプリ」を
常飲している人は、今では珍しくなく非常に一般的なことです。

近年では、天然の「植物性インスリン」を配合したものなど
様々な有効成分が、次々と開発・配合されています。

そして、高血糖と不妊の両方を改善する効果のある
「ピニトール」という成分が、最近の大きな発見でもあります。

このピニトールという栄養素は、あまり知られていませんが
ブドウ糖の代謝を改善することで、血糖値を下げ
インスリンの働きをサポートする効果があります。

また「多能抱卵症候群」という、排卵が止まってしまい
卵子が卵巣に取り残されてしまっている症状の
改善に効果的であると考えられています。

女性の高血糖は珍しいものではない

「糖尿病」というと、中年男性がかかるイメージがありますが
比率はやや少ないながらも
女性が男性に比べて少ないわけではありません。

生活習慣病の1つでもある糖尿病は、加齢と共にリスクが高る症状であり
加齢は同時に、女性ホルモンの減少も招くことになります。

そして、その女性ホルモンの減少が高血糖を招きます。

女性であっても決して油断はできません。

また妊娠出来たとしても、それから糖尿病が発覚した場合
治療内容は制限しなければならないため
そんな時でも、サプリであれば安心して服用することができます。

また、不妊を克服することと同時に
妊娠後の高血糖を、予防することもつながるため
負担にならない程度に、飲み続けることをおススメしたいものです。