最高の美肌アイテム「フェイスパック」に含まれる主な成分一覧

「フェイスパック(シート)」は、各種スキンケアアイテムの中でも
<1つの商品として、最も含有成分の種類が多いアイテム>と言える存在です。

<濃縮されている>ということは、もちろんのこと
「数」という絶対的な要素が、非常に豊富なアイテムと言えます。

保湿を目的とした「乳液」に、ヒアルロン酸・コラーゲンといった
<肌に潤いを閉じ込めるための成分>が配合されているように
スキンケアに利用するアイテムには、各過程・目的に応じた成分が配合される一方
含有成分の多いフェイスパックは、それ1つで幅広いケアができることが特徴的です。

そもそもフェイスパックとは、
<美容液を吸い込ませたマスク(シート)>がコンセプトであり
それらの有効成分を、いかに肌の奥まで浸透させるか
徹底的に工夫・設計をされたアイテムでもあります。

<その他のアイテムに比べれば高価>であることからも
当然と言えば当然のこと言えますが、この含有成分こそ
自分が期待する目的を、実現させるために重要な要素であり
使用するアイテムに<何が含まれているのか?>と要素は
最も基礎的且つ、最も重要なことと言えるはずです。

美容パックに使用されている主な成分

ここでは世の中に存在する、各種パックアイテムに含まれる成分を
それぞれの特徴・主な効果ごとに、できるだけ細分化して紹介します。

購入するアイテムの「配合成分欄」をチェックすることはもちろん
その成分・効果からも、求めるアイテムを探す参考にしてみてください。

総合美肌成分

ビタミンC

プラセンタ

コエンザイムQ10

コメヌカ(米糠)エキス

エラスチン

アデノシン

グロースファクター

保湿成分

セラミド

コラーゲン

ヒアルロン酸

プロテオグリカン

トレハロース

アロエエキス

ジグリセリン

美白成分

フラバンジェノール(ピクノジェノール)

調整剤成分

美容パックが持つマイナス面として、他のスキンケアアイテムに比べ
「添加物(保存料・アルコール等)」と呼ばれる成分が多い点になります。

「無添加」といった要素を、「ウリ」にしているアイテムが増えている昨今では
添加物が配合されていることに対し、抵抗がある方も多いかもしれません。

しかしながら、その性質上(布に浸した後に包装する)
添加物を利用しないことによる、デメリットの方がはるかに多いことから
ある程度の添加物を利用することは、やむ負えないものであると言るのです。

そのため、使用した後に

  • 赤く腫れる
  • かゆくなる

といった反応が見られないようであれば、基本的には問題ないと言えます。

以下は概要であり、配合されているカタチ(分子)に関しては
それぞれやや異なるものになりますが、国産アイテムであれば
極度に刺激的な成分は、配合されていないことには違いはなく
それほど神経質には考える必要がないものです。

また<リーズナブルなものほど多い(パックに限らず)>ことも事実であり
肌が弱ってきた女性が、高品質(単価)なものを選ぶ理由でもあります。

グリセリン

エタノール

パラベン

リン酸K(カリウム)

ペンチレングリコール

産毛でファンデーションが浮いちゃう時はどうすればいい?

晩婚化が進み、結婚式を控えた女性の中には
「もう若くはない・・・」と思っている方も少なくはないと思われます。

しかしながら、それ自体(30代以降の花嫁)は決して珍しいことではなく
悩んでいるのではなく、前向きにしっかりと<仕上げる>ことが大切です。

そして、「加齢」が影響する美容トラブルの中には
体毛が関わっているものが見られるものであり、それは脱毛サロン等も含め
日々の生活の中で、少しずつケアしていく必要があるものも多いのです。

今回はその中でも、結婚式当日の<化粧のノリ>に影響を与えることとなる
「顔の産毛」に関して、取り上げてみたいと思います。

加齢による体の機能の変化によって起きる、思いもよらない反応が
実は典型的な症状の原因となっていることは、よくあることです。

特に、<ファンデーションのノリが悪くなった>といった
メイクに関する悩みの1つとして、
ファンデーションが<浮く>というものがあります。

そもそもメイクの際に、ちゃんと馴染むことができなくなること
それに加えて、<夕方になると剥がれている>という現象が顕著になってきます。

その主な要因は、加齢によって保湿能力を失った肌にあることは
多くの方が実感・納得していることと思われますが
それに加えて、顔に生える「産毛」が濃くなったことも影響しています。

年をとるにつれて、髭が濃くなった・産毛が目立つようになったということは
それもまた必然的であり、しっかりと対策を施していくことが必要と言えます。

加齢によって体毛が濃くなっていく理由

加齢とは、基本的にはあらゆる機能を劣化・減少させるものであり
体毛も同じく「頭髪のボリューム・質」の問題は、典型的な悩みと言えます。

しかしながら、本来であれば<その他の体毛>も薄くなる気がしますが
実際には女性にとって要らない毛というのは、逆に多く・濃くなる傾向があります。

これは「女性ホルモン」の減少という、お馴染みの要因によって
「男性ホルモン」が、優位になってしまうことで発生する現象になります。

端的に説明すれば、性別に関係なく

  • 頭髪は女性ホルモンによって
  • その他の体毛は男性ホルモンによって

活性化され、姿形を現しています。

元々の量・質・傾向というのは、体質・遺伝的な要素が大きく
幼い頃から、いずれのパーツも濃い・薄いという方もいます。

しかしながら、加齢によって着実に減少する女性ホルモンによって
男性ホルモンによって活性化されていた体毛が、より目立つものになるのです。

髭というのは、その典型的な部分であり
<おばさんになると髭が濃くなる>という現象は、生理現象なのです。

ちゃんと生えて欲しい毛は、薄く・元気がなくなり
要らない毛>元気になるという、ちぐはぐな状態が招かれることになります。

増えることは仕方がないからその分ケアが必要

年をとるにつれて、髭・産毛が
「濃くなる」「増える(ように見える)」のは、仕方がないことです。

こと「メイク」を考えた際には、「保湿能力」に働きかけるといった
肌質の改善が必要であり、有効なアプローチであることには違いありません。

しかしながら、余計な体毛に関する問題というのは
<生えてしまったものは処理するしかない>といことが言えます。

一般的な処理方法としては

  1. カミソリによる剃毛
  2. 除毛クリームによって溶かす
  3. 脱毛サロンで徹底的な処理をする

以上の2つの手段が、主な方法となります。

最も実践している人の多い処理方法としては
やはりカミソリで剃る、というものであり
若い頃から定期的に行っている方は多いはずです。

しかしながら、最も大きな欠点である「肌を傷つけるリスク」があり
また<剃るほど濃くなる>ということは、事実でもあります。

また「除毛クリーム」というのは、基本的には顔面には使えないものであり
「脱毛」に関しては、「手軽ではない」というデメリットがあり
より強力になっている体毛の処理というのは、非常に悩ましいものと言えます。

しかしながら、昨今ではこの「体毛問題」のためのアイテムも
非常に進化を遂げており、特に「抑毛クリーム」というジャンルは
今非常に注目されている<中年女性にこそおすすめ>と言えアイテムになります。

この抑毛クリームの仕組みというのは、非常に単純・直接的なものです。

配合されている「女性ホルモン成分」を中心に
男性ホルモン優位の状態を、改善する働きかけによって
<強い毛を抑える>というアプローチになります。

生えている毛の元気を奪う・元気な毛が生えないようにするための
アプローチとして、利用することができます。

<完全になくなる>というものではありませんが、
弱まることで薄く見えること、処理が楽になるというメリットがあります。

以下に、特におすすめのアイテムを紹介しておきます。

NOISU「ノイス」

抑毛クリームの先駆けとも言えるアイテムであり
髭を中心として、顔面の産毛の処理に定評があります。

濃厚なクリームであり、増えてきた・強くなてきた産毛へのケアにぜひ。