借金で救われることもあるけど基本的には危険なものという当たり前のこと

何をするにも「お金」は必要であり、どんなきれいごとを言おうと
お金がなければ、何もできない世の中でもあります。

特に「一人暮らし」の人間というのは、お金が用意できない結果として
最悪の場合には、<家に住めない>という事態を招きます。

もちろん<ご飯が食べれない>という、ひもじい状況や
<病院にも行けない>という、命に関わることも現実のものとなります。

「まあ、そうだよね・・・」という人が多いことと思われますが
「本当にお金に困る」という、緊急事態にぶち当たった際には
<命さえもお金に左右される>という、当たり前のことに気づくのです。

そして<生きるために絶対に必要なお金というもの>を
もし、持ってなかったら?という場合には・・・

独りで生きる人間が、避けては通れない「お金の不安」の話は
最もヘビーで身近な「借金」に関するトピックから始めましょう。

どうしようもない時の最後の手段になることは確か

とは言っても、

借金に人生を救われており、ある意味で感謝している人もいます。

ここで言う<借金>とは、いわゆる「サラ金から借りた金」であり
「消費者金融」や「銀行ローン」等、様々な俗称はありますが、結局は同じものです。

要は、「お金を貸すことを事業にしている会社」から借りる行為です。

そして、もし<必要なお金が用意できない>という事態に陥った際には
このサラ金で借りる、という判断は最後に残すべきと言えます。

「利子を取らない人に借りる」という判断が、間違いなくベストです。

頭を下げて、恥を忍んで、バカにされても、
「返す気」があるのであれば、身近な人に借りましょう。

「個人間の貸し借り」に関しては、賛否両論があり
主に「人間関係」といったものが関わりますが
「サラ金で借りて地獄を見る」よりは、はるかにマシであると言えます。

「いや、仁義的にいかん!」という方もいるかもしれませんが
仁義は最後に残せるか否かが重要であり、「貸すも仁義」と考えましょう。

「遊ぶ金」は、借りる方も貸す方も愚かです。

しかしながら「生きるための金」は、借りるべき・貸すべきです。

「カッコは付けない方がいいよ」ということは、最初に述べたいと思います。

「サラ金」という存在は可能な限りとっておくべき

そもそも、サラ金を中心とした<いわゆる借金>をしてしまう理由は
あらゆる意味で<利子なしで借りるという行動がとれない>からこそです。

利子があろうと・なかろうと、お金を借りる・借金することは同じですが
<機会に機会的に借りる>というのは、一線を越えた状況と言えます。

その前段階の手段として「給料の前借り」や
「親に泣きつく」といった、より軽い選択肢もあるはずです。

絶対に、気軽にするべきでは行動です。

赤ちゃんも虫歯になるから歯が生えてきたら注意が必要

今現在虫歯に悩んでいるママは、
もしかしたら赤ちゃんの頃の習慣が影響しているかもしれせん、、、

非常に当たり前のことではありますが、幼い頃の歯磨き習慣はとても大切なのです。

「早い子」は生後6ヶ月で生えてくる乳歯は

「下の前歯が2本生えてきたら歯磨きを始めましょう」

と推奨されていることが多いですが

「1本」でも生えたら始めましょう。

1本でも生え始めた時から、虫歯になるリスクは発生します。

母乳以外の食事を取り始めた時、離乳食や赤ちゃん用ジュース等を
口にし始めることで、格段に虫歯のリスクは上がっていきます。

乳児の虫歯は「特に進行が早い」ため、その分注意しなければなりません。

1本目をのケアが大きな鍵になる

虫歯になると痛みを伴うため、余計に歯磨きを嫌がるという
「負の連鎖」が始まってしまう恐れもあります。

また、乳歯が生えてきた際に一番注意して欲しいことは
哺乳瓶をおしゃぶりの代わりに与える、哺乳瓶を咥え続けることを止めさせましょう。

今までは歯がなかったために問題なかったことですが
哺乳瓶を咥え続けているということは、
常に口の中を砂糖で満たしているのと同じことでもあります。

また、これをキッカケに少しずつおしゃぶりを止めさたり
歯並びのことを考えるきっかけにもしましょう
「虫歯はキスで移る」と言われることもありますが半分は本当です。

赤ちゃんの虫歯の原因の1つに、ママやパパとのスキンシップ
またスプーンの共有などがあるという説も確かにあります。

そんなに簡単に虫歯菌は移るものではありませんが

虫歯があるママ・パパが

「硬い食べ物を少し噛んでから与える」

などは少し危険です。

歯が綺麗な・虫歯の無いママであればチューくらいでは移らないので
そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

赤ちゃんは何をするのも楽しく感じるものです。

「めんどくさい」という感情やイヤイヤ期が始まる前に
楽しんで歯磨きをすることを覚えさせましょう。

ご飯を食べたら歯を磨く

寝る前に歯を磨く

歯磨きの習慣を教えることは、
当たり前のことを当たり前に、できる子にしてあげるきっかけでもあります。

中年女性を襲う加齢による薄毛の症状と対策

中年女性の抜け毛・薄毛は、主要な「女性ホルモン」である
「エストロゲン」の影響によって引き起こされます。

「更年期」と呼ばれる、「40~50代」にかけてから
また早い人では「30代」から、悩み始める問題になります。

その根本的な原因は「加齢」であり、特に女性の場合は抜けるだけでなく
「ハリ(ツヤ)」や「コシ」が失われるなどの、「劣化」であるとも言えます。

そうは言っても、

髪は長い間大切にしてきた「女性の象徴・宝物」であり
早く改善したいトラブルに違いありません。

女性の薄毛の特徴としては、全体的に薄くなっていくことが挙げられ
この症状は、「びまん性脱毛症」と呼ばれます。

また「ポニーテール」にすることが多かったり、いつも同じ場所で髪を分けていることで
分け目やつむじ等から脱毛が始まる症状は、「牽引性脱毛症」を呼ばれ
髪型にこだわりを持っている女性、同じ髪型を続けてきた女性に多い症状です。

女性ホルモンの減少によって引き起こされる

女性の薄毛の原因は、男性の薄毛(AGA)と重なる要素もありますが
「似て非なる」独特な要因もあり、自分の症状をしっかりチェックすることが大切です。

しかし、その鍵を握る要素が「ホルモン」であることは変わりなく
このホルモン環境の面からケアすることが、根本的なケアになることは間違いありません。

女性の薄毛の「キッカケ」を作るものは、ほぼ間違いなく女性ホルモンの減少です。

基本的には加齢が原因であり、避けることはできないことも特徴と言えます。

元々髪の量が多かった人であっても、徐々に少なくなっていき

また元々髪が細く・少ない傾向があった人は、ますます薄くなり

場合によっては、男性の薄毛と同じくらい頭皮が見えてしまう人も珍しくありません。

女性の健康状態・美容の中心となるホルモンは、エストロゲンと呼ばれるものであり
生理・妊娠といった要素にも、大きく影響を与えるものとして知られます。

そしてこのエストロゲンは、およそ30代後半以降に
減少が顕著になることも広く知られます。(減少自体は20代から始まっているものです。)

それによって、ハ」やコシが失われていき(髪だけでなく肌も)
細く・弱く・切れやすくなり、発毛する量も減っていきます。

そしてこの女性ホルモンの乱れの要因は、加齢だけではありません。

たとえ若くとも、何らかのトラブルによってホルモン環境が乱れ
薄毛の症状が現れ始めてしまう女性もいます。

女性ホルモンが乱れてしまう、加齢以外の主な要因としては

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 出産後(ライフイベント)

といったものが挙げられます。

女性の体は非常にデリケートであり、ちょっとしたことが体調を乱しますが
その原因も、突き詰めれば女性ホルモンが乱れていることによるものも多いと言えます。

女性ホルモンの減少は、避けられないものですが

  • 減少を緩やかにすること
  • 女性ホルモンによる薄毛への影響を少なくすること

主に、以上の2つの対策をとることができます。

女性ホルモンによる、薄毛の進行を早めに自覚し
「早めの対策」を取っていくことが大切です。

女性の薄毛も遺伝する?

「ハゲは遺伝する」という格言を
聞いたことがある人は多いと思いますが
どちらかと言うと、男性の方が気にしている人が多いようです。

オヤジがハゲてるから・・・

じいいちゃんもハゲてるし・・・

なんて声も、聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし最近の研究では、薄毛に関わる遺伝子は
「女性にしか受け継がれないもの」であるため
父親の頭髪環境ではなく、母方の父親の頭皮環境が
薄毛に大きく影響していることが分かっています。

ドキっとした女性も多いと思いますが
女性の場合も直接の父親ではなく、女性の母方のおじいちゃん
つまりはお母さんのお父さんの影響を受けると考えられます。

そして更に紛らわしいことですが、女性に関しては
男性的な遺伝の遺伝子は、ほとんど関係ないとされています。

「性の薄毛の根本原因は、女性ホルモンの減少ですが
これによって引き起こされるもう1つの不調が、いわゆる「更年期障害」と呼ばれる
一定の年齢を経た女性に特有の・典型的な「中年女性の不具合」です。

早い人では、30代後半から現れる人もおり
「閉経」にかけて、様々な体の不調が起きてきます。

その症状の1つとして、薄毛になることも確認されており
多くの女性に、抜け毛の症状が現れます。

この更年期障害の内容は、母親から遺伝すると考えられており
女性が薄毛対策をしていくうえで、自分の母親がどう乗り越えたのか
また、頭髪への症状の現れ方などを聞いてみることも大切です。

できることから対策を始める

体の中で生成・分泌される女性ホルモンが
加齢によって減少していくことは避けることができないため
減っていく分のホルモンを、少しでも補うためは

  • 食事環境を改善していく
  • 外側からチャージしていく

という2つの方法をとるしかありません。

女性ホルモンの代表とも言え、加齢と共に減少してくるエストロゲンは
髪の毛を生やして、美しく保つために必要な物質です。

しかし、体の中で作ることが出来なくなったのであれば
食事によって少しでも補う必要があります。

そのため、体の中で

  • エストロゲンと似た働きをしてくれる
  • エストロゲの働きをサポートしてくれる

「植物性エストロゲン」の摂取が推奨されます。

特に、植物性エストロゲンの「代名詞」とも言える
「大豆イソフラボン」を、積極的に摂取していきましょう。

大豆食品に含まれており、納豆よりは豆腐や枝豆などからの摂取が望ましいとされます。

より効果的な改善を求めるなら

女性ホルモン成分や、分泌を増加させるための成分は
食事からの摂取が一番望ましいことではありますが

  • なかなか効果が現れない
  • 改善に時間がかかりそう

そのような状態のままで、改善が難しそうであれば
植物性エストロゲンをサプリで摂取していく手段も検討していきましょう。

また、女性ホルモンからのアプローチと考えた場合、同じく女性ホルモンに働きかける
「更年期障害」を対象として販売られているサプリも、有効であると考えられます。

更年期障害の治療に関しても、ホルモン療法は導入されており
漢方やサプリで女性のための成分を摂取している人も多いようです。

女性の薄毛は男性と異なり、「全て完全に抜け落ちる」ということは少なく
早急に・しっかりと・適切な改善策をとることができれば
「元の状態」に近づけるくらいに、改善することも可能です。

またボリュームだけでなく、「ハリ」「ツヤ」といった
美容に関わる要素も、同じように復活させることができます。