ギトギトの頭皮とカサカサの頭皮はどっちがハゲやすいの?

「頭皮」が関係している、薄毛の症状としては

  • 頭皮が脂っぽいことによる「脂漏性脱毛症」
  • 頭皮の乾燥していることによる「ひこう性脱毛症」

以上の2つによるものが、主な原因になります。

脂っぽいことによって

  • 頭皮ニキビが出来やすい
  • 不潔になりがちなため、頭皮の炎症が起こりやすい
  • 皮脂や汚れで毛穴がつまりやすい

頭皮が乾燥していることによって

  • 乾燥した頭皮は傷つきやすく炎症が起こりやすい
  • フケ等による乾燥ニキビが起きやすい
  • フケによる毛穴のつまり

こうして見てみると、薄毛・抜け毛につながっている
原因はにはそれほど違いがなく
脂漏性頭皮にしても、ひこう性頭皮にしても
似通ったものが多いことに気付きます。

共通している根本的な原因としては、

「適度な潤いを保つことができていない」ということです。

「いい頭皮環境」とは・・・

適度に「潤い」を保つことが出来ていることであり
それによって、頭皮が「柔らかく」保たれ
血液が流れやすくなっていることで
十分な栄養が隅々まで行き届きやすくなっています。

また、潤っていることによって
皮脂を分泌する必要がなくなるため
余分な皮脂を落とすだけで、環境を保つことができます。

このような状態が望ましいのは分かっていますが
なかなかたどり着けないことが現状でもあります。

結果的に乾燥してしまうことが最も恐ろしい

適度な皮脂の分泌のためには、頭皮を乾燥させないことが大切です。

皮脂を過剰に取り除いてしまうことによって
余計に皮脂の分泌を増やすことになってしまったり

そのまま乾燥しすぎることによって
余計に傷つきやすくなってしまうこともあり

最も危険なケースが、元々脂っぽかった頭皮が
乾燥頭皮に変わってしまうパターンです。

脂漏性頭皮の人が間違ったやり方で、過剰に皮脂を除去してしまうことによって起きる
典型的なパターンとも言えます。

「シャンプー」はしっかり使うべき

また、これとは逆のパターンに
皮脂が少ない・乾燥しているからといって
出来るだけシャンプーをしない人もいますが

このパターンも非常に危険です。

「不潔」な状態は雑菌の繁殖を招き
結果的に、ちょっとした傷が化膿して
余計に肌を傷つけることになります。

「シャンプーは、付けない方がいい」

という、意見もありますが「汚れやすい頭皮」を持った体質の方にとっては
シャンプーをすることは、絶対条件です。

皮脂を除去するだけでなく、水分まで除去してしまうことによっても

頭皮を守るために、「あえて」皮脂を溜めて不潔にすることによっても

余計に状態を悪くするだけです。

最初から極端に考えずに、じっくりと「適度な」頭皮に近づけていきましょう。

夫の抜け毛が気になってきた~夫婦で一緒に薄毛対策を始めよう~

薄毛というのは、自分だけが気になるものではなく
「見る人」にとっても、なんとも言えない気持ちになるものです。

「他人の薄毛」とは、基本的には「触れてはいけないもの」であり
特に目上・立場の上の人へは、絶対に触れてはいけないものです・・・

と、大げさに考えずとも、もっと日常レベルで気になること
最も身近な存在である、夫婦・パートナーの薄毛の問題
無視することは、できないものであるはずです。

基本的には「夫の頭頂部が気になる」この問題ですが、、、

とは言っても、本人も気づいてはいることだと思います。

しかしながら、もっと「現実的」なトラブルが発生することで
この問題は、よりメンドウなことになってきます。

「薄毛」のデメリットというのは「ルックス」だけでなく
「抜け毛」によって招かれる弊害には、様々なものがあります。

典型的なものとしては

  • お風呂に髪の毛が浮いている
  • 抜け毛で排水溝が詰まってしまう

これらに気づくのは、たいてい女性の方であり

不快・掃除が大変になる、という非常に悩ましいものです。

「手遅れ」になる前に一緒に始める

「自覚しているはず」と思いがちなことですが
放置している・何も対策しない状態では、悪化の一途です。

全てなくなれば、抜け毛の悩みはなくなります。

しかし、その時には「つるっぱげ」の状態であり
そうなってしまったら、手の施しようがありません。

「ハゲさせない」ために、働きかけてあげる必要があります。

このサイトでは、何度も述べているとおり
「早ければはやいほどいい」ものであり
何もしなければ「手遅れになる」のが薄毛問題なのです。

しかしながら、たとえ最も身近な存在だとしても

「あなた、ハゲ始めてるから何とかして」

とは、なかなか言えないものです・・・

また、必ずしも「夫」の問題だけでなく
「妻発」の問題である可能性もあります。

「頭髪の量の減少」は、男性が顕著な一方で
女性にとっては「ある程度必ず」あるものだからです。

「必ず来る日」があるのは、女性の方がリスクが高いのです。

そのため、夫にとっては「改善」

妻にとっては「予防」となる

育毛ケアを一緒に始めることをおススメします。

夫婦で使ってお得になるな育毛剤

夫婦一緒に、育毛ケアを始めるということは
育毛アイテムを使用する際には、その経済的な負担が2倍になります。

そういった点をふまえ、

一緒に使用していく際に、お得になる育毛剤が「Kenomika(ケノミカ)」です。

数ある育毛アイテムの中でも「夫婦で使う」ということを想定した、非常に貴重なアイテムです。

「セット・定期購入でお得」というアイテムは多いですが

「同じものを同じペースで」というアイテムは、他にあまりないはずです。

パートナーの薄毛に関して、本人よりも気になってしまうのは
「フサフサだった頃」を覚えているからだと思います。

「頭頂部の輝き」「心のときめき」に変えていきましょう。

「理想のバスト」ってどんなおっぱいなの?

いわゆる「愛されボディ」とは、何より「見た目」が大切です。

そもそも、綺麗な体・シルエットを手に入れる目的としては
もちろん自己満足的な側面もある一方で、本当は「異性の目」を気にしている人も多いはずです。

そして「自他共に」同性・異性関わらず「女性の体」の象徴として
何より注目する・してしまう部分は「バスト」で間違いないはずです。

「バスト」は「ウェスト」「ヒップ」と並んで
ボディラインを構成する重要なパーツであると共に
「女性としてのアピール」にも使う(なってしまう)部分です。

しかしながら「外からの見た目」ばかり、注目しがち(されがち)なバストですが
バストを構成する要素というのは、それだけではありません。

見た目である「サイズ」や「形」だけでなく
「乳頭」や「乳輪」といった「普段は見えない場所」にこそ
意識してケアしなければ、「理想のバスト」には辿りつくことができません。

男性が求める理想のバスト

男女が求めるバストは、微妙に違いがあるものの
他のパーツに比べ、共通事項が多いことが特徴です。

  • ほどよく大きく(C~Dカップ)
  • 形が綺麗で(垂れていないお椀型)
  • 乳首はピンク色(薄いカフェオレ色)

この「3大要素」に絞られます。

稀に「微乳」と呼ばれるような、極端に小さなバストを好む
男性もいるようですが、おそらく少数派のはずです。

栄養状態の向上や、「食の欧米化」によって
日本人のバストの平均サイズは、年々大きくなっています。

しかしながら、元々の平均値(遺伝)が小さく
大きくなったといっても「Cカップ」に届きそうで届かないことが現実です。

理想のサイズを「C~Dカップ」と答える人が多い(男女共に)ことから
<理想に対しても>届きそうで届いていないことになります。

バストの邪魔をする「猫背」

そして、その要因として「国民病」ともいっていレベルの
「猫背」を中心とした、姿勢の悪さが挙げられます。

当然、「重力」に引っ張られることで「垂れる」要素も大きくなり
本来のポテンシャルが活かせていない人は、非常に多いです。

「形をよくしただけで本当にバストアップできるの?」と
疑う人もいるかもしれませんが、矯正したパーツというものは
徐々に馴染ませるものであり、体の一部になるまで時間がかかるものです。

そして普段は見えないけれどもいざという時に、非常に気になる部分が乳首です。

大きさ・かたちを超える「ワンポイント」であり、
「実は最も悩んでいる人の多いパーツ」とも言われています。

確かに「理想と現実」にギャップがあり、諦めている女性の多いパーツでもあります。

何より「色」だけが重要ではなく、乳首にも大きさ・かたちの要素があるのです。

確かに「体質」や「生まれつき」という要素の多いパーツですが
今よりよくすることは可能であり、諦めずに挑戦してみましょう。

冒頭で大きさ・かたち・色という、「バストの3大要素」を取り上げましたが

それだけではなく、それぞれの要素の中にも
「<その他の要素>がそれぞれ含まれる」ことになります。

つまりそれだけ悩みのパターンが存在し、その数だけ改善法の組み合わせが必要になります。

まずは「自分の欠点」まとめ、相応しい改善策を組み合わせることが
理想のバストへの第一歩になります。